工場

工場


工場の中に入ると 「天然の木の香り」 がいっぱい、モルダーやテノナーといった木を加工する機械が整然と所狭しと並んでいます。
それらの機械がフル稼働、熟練した職人たちの手が加わって北米カナダから輸入した米杉材が一本一本丁寧に仕上げられていきます。

製品への思い

手作業による 特別木枠


30年の経験がある熟練工が手作業で特別サイズ・特別仕様の木枠を創っています。「オールドグロス 」と呼ばれるカナダ産 樹齢200年以上の杉材、その丸太の中で40%しか取れない厳選された柾目だけを材料として、卓越した匠の技術を使い丁寧に一本一本仕上げていきます。
お客様のご要望に応じた特別サイズ・仕様に加え、キャンバスに描かれた絵画が100年先でも影響の受けることのない木枠でなければいけないと言う想いを込めて、写真の古畑が職人技を木枠に込めています。

製品への思い

こだわりの自動生産ラインによる 規格木枠


大量生産となる規格木枠を生産する為、製造機械でFA化された工場。そこを取り仕切るのが写真の志鎌工場長 。彼の手で厳選された材料が独自仕様に改良した多くの機械を通り、表面切削・ホゾ切削・面取り・留め切削等色々な加工がされて検品場に流れ出ていきます。生産量は6号サイズ換算で2万本/日、このライン2本を工場長を筆頭に社員一丸となり動かし続けています。
また、この機械達にとって一番重要なのが刃物、併設された刃物研磨工場では、専任の研磨職人が1/100mm単位の精度で全ての刃物研磨を行い、機械をいつもベストの状態に保っています。

最高の製品を作るためにこだわった自社木材乾燥機 SK式 木材乾燥機


SK式 木材乾燥機
マルオカでは、厳密な乾燥状態を保つために自社木材乾燥を行っております。この乾燥機は一般的に木材加工の業界では主流である蒸気式木材乾燥機です。乾燥は乾燥機内に設置された加熱管での温度、調湿管での湿度、それと送風機による風速の調整により進められます。20日間ほどのスケジュールで熱風の温度を徐々に上げながら大型扇風機の風速を調整して湿度を下げ、最終的に室温を70~80℃にして木材に含まれる水分量を10%前後になるまで乾燥させます。
乾燥が終了した後も木材の温度と水分の戻りを確認しながら窯の蓋を開けます。通常では約25~30日、冬季では約30~35日で仕上がります。

木枠の製造工程

木枠づくりのノウハウを詰め込んだ製造ラインです。量産に対応し、なおかつ精度を保つために機械化しました。
木枠が目にも止まらぬ速さで流れ、加工されていきます。

作業工程
材料の投入口です。ここから秒速20mの高速で材料が吸い込まれていきます。
作業工程
材料のざらついた表面を平滑にし、決められた断面形状にするモルダー工程です。
作業工程
人間の目では検知しづらい木材の微妙な反り・曲がりをレーザーにより検知します。より精度の高い製品づくりのために開発されたシステムです。
作業工程
四隅の木枠を噛み合わせるためのホゾ加工を行います。

作業工程
ホゾ部の面取り、留め加工を行います。
作業工程
木枠に中桟がささる穴を開けます。
作業工程
ラインから出てきた木枠を一本一本人間の目で検品しています。
専任の女性がよりきめ細かなチェックを行なっています。
作業工程出荷用のダンボールに梱包します。