近藤太郎の絵描き日記〜キャンバスに油絵を描く完成〜

皆さん。こんにちわ!

近藤太郎です。最近雨が続いてて本当に億劫としますが、、先週もこんな事言っていたような、、、

そんな事よりこの油絵を近藤太郎が描くシリーズも今日でおしまい。僕の中で一応一区切りついたので完成となりました。特に終わらせる気持ちも無かったのですが、急に終わりました!

前回まで

では終わりに向かって

 

①もう一度床面に赤みと黄色みを透明色で加えていきます。

 

②またホワイト系の色で光を追っていきます。

 

③マグカップにも透明色で色味を加えていきます。

 

④うん!よくなってきた〜

 

⑤空の感じを調整!終わり〜

 

意外とあっさりと終わってしまいました。

最後に。。。

絵が終わるという事は本来なくて、自分の心が納得するかどうかで絵というものは終わるのだとつくづく感じます。今回の油絵もなんとなくですが、これ以上描き込むと自分がこの絵のいいなぁと思う部分がどんどん失われそうだな、、と長年の経験と漂う直感で思い今回で筆を置きました。

また何年後かに加筆することがあるかも知れませんし無いかも知れませんがその時にこの絵を見てどんな事を思うのか、とても気になります。絵というものは時間というものを抱えて未来に突入します。そんな素敵な媒体なのです。

 

今回は6回このブログに付き合っていただきありがとうございました。

また違う企画でお会いしましょう!ではまた〜!

topへ