近藤太郎の絵描き日記〜キャンバスに油絵を描く第三回〜

 

みなさんこんにちわ!

さて油絵を描く第三回が始まりました〜皆様いかがお過ごしでしょう?
木曽の夏は日差しが強く暑いですが、多分東京や他の地域に比べると涼しく過ごしやすいのだと思います。こちらではお盆が終わると夏は終わり、、という感覚が昔からあるらしく、もうすぐ夏が終わり秋に向かって行くのだと思うと少し寂しい気持ちになります。そんな情緒がある今日この頃です。

さて油絵三回目ですが今日も変わり映えしない絵が続きます。そんな変化のないことも優しく受け入れて頂ければと思います。こんな茹だるようなイライラする夏こそ些細な変化に気づく絵画は良いのかも知れません。

それではいきましょう〜!

前回を振り返って、、

前回は空から山、山から木と形を明確に出していきましたね。でもまだ全体としてぼんやりしている様に思います。このぼんやりとしているのは全体の密度が均一になっているからという要因が一つに挙げられると思います。遠い景色と近い景色にあるものの描き込み具合にほとんど差がなく、全体的に筆が同じサイズで描かれた印象があるのです。なので今日は遠い景色を描き込みながら景色にメリハリがついていけばいいなぁと思います。(できるかな、、)

 

 

①左奥の山を描きながらその手前にある住宅街の位置を把握していく

前回までは奥の山が非常に薄く空の色と差がないくらいだったのですが、よく見るともっと山々が濃い様な気がしたので濃いめの色を乗せていきます。ただこの時全てを一気に塗り替えるのではなくよく観察しながら、既に塗ってある色も利用しながら塗りましょう。僕の見た感じでは遠くにある物の方が空に近い薄い色で、手前にくるにつれて木々がもりもりと生い茂って、濃く見えています。

そして山々の奥から手前を描くとともにその更に手前にある住宅街の小さな家々の位置を細かく把握していきましょう。

もちろんこれで決定と言うわけではないので、あまり強い色で決めすぎずにこの後も形が変化してずれて行くことを想定しながら形を出していきます。(ちょっと難しいですよねぇ〜)

 

 

②決めるところは決める

少しづつ住宅街の家々の位置がわかってきたら、特徴のある家だったり、自分が気に入っている家を一度明確に位置を決めて描きます。決めることでそこを基準として更に描き進められる箇所が出てくると思います。

 

 

③細か〜く細か〜く

家々の形が決まってきたら、目で見ることのできる範囲で更に細かく描いていきましょう!もちろん一度でうまく行くことは中々難しいと思います。ですが油絵は何度失敗しても大丈夫なので、気づいた箇所があればとにかく手を動かして描いていきましょう。失敗しても描いてみた方が絵は進みやすいです。

 

 

④細かく描いて疲れてきたら、下がって全体をみてみましょう〜

キャンバスに顔を近づけて、そこし力んで細部を描いているとかなり疲れると思います。無理することは良くないのでそんな時は一度休憩するか、絵から少し離れて全体を見てみましょう。そうすると今度は一番手前のマグカップが気になってきました。マグカップに今度は手を入れていきます。

 

と言う感じで今日はこんなところにしたいと思います。細かく描いて疲れてしまいました。少し集中して描いたので皆さんも休憩を取りながらやってくださいね〜

ではまた次週!さようなら〜

topへ