木祖村の小学6年生が卒業制作をマルオカのプリントキャンバスを使ってやりました!

お久しぶりです。

マルオカ工業でアルバイトをしているアーティストの近藤太郎です。

 

今日はマルオカ工業に木祖村の小学6年生が卒業制作を作りに来てくれました!
それぞれの思い出の写真をキャンバスにプリントし、その上からアクリル絵の具で彩色を施しました。

まずはマルオカ工業の工場内をみんなで見学し、その後制作を行いました。

制作は写真が既にプリントされているものに上から着色していきます。最初はなかなか筆が進まなかったのですがいったん色を乗せ始めるとどんどん進んでいきます。

今日の講師は義家麻美先生と湯川龍麿先生、そして僕の3人で行いました。

やる前は写真がプリントされたものに絵の具を乗せていくのは少し難しいかなぁと思っていたのですが、思った以上に子供たちが絵の具を丁寧に乗せながらそれぞれの判断で進めていってくれたので結果としてとても良い作品が沢山できました。

これらの作品は額装し卒業式の時にお渡しするそうです。

ちなみに裏面にはそれぞれの名前がレーザーで彫られており、また木枠も木曽のヒノキを使ったもので記念品としてはとても良いものが出来たのではないかと思います。

 

topへ