stretcher strips for professional

専門家用絵画フローティング木枠

A木枠

『浮き上がって見える効果』"Floating"をねらった木枠

従来の木枠と違い厚みを選べるのが特徴です。
厚みを生かし、フローティングや3Dなど、個性を生かす新しい展示方法をお試しいただけます。

材フローティング木枠の特徴

木材の良い部分を集めて成型された杉集成材を使用しています。
海外では『フローター』や『ギャラリーラップ』などと呼ばれ、もともとは作品を展示したときに壁面から浮き上がって見える効果をねらった木枠です。 しかし、近年は印刷された作品を張りこみ木枠の裏で固定する方法(ギャラリーラップ)で作品を展示することが増え、それと同様に作家も製作の後側面を白いままに額縁を着けず展示することが多くなってきております。
側面に描画することもでき、厚みを利用した様々な表現方法に用いられています。

フローティング木枠のこだわり

『フローティング木枠』にはでは規格サイズとオーダーメイドサイズをご用意しております。
またマルオカ工業に直接ご注文頂くとクサビ付きの特別仕様になります。

規格サイズから特別サイズまで
F,P,M,Sの0号~500号まで、大きさで言うと10cm~3m以上まで、日本サイズの規格サイズと美術館や画家の要求に応えた特別サイズ・仕様のオーダーメイド木枠をご注文頂けます。
クサビ付き【10号以上】
楔(クサビ)とはキャンバスを張った後のテンションの調整や制作のあと水分や油分でゆるんだ画面を張りなおすものです。
国内の木枠には常備付属として付いてはおりませんが、マルオカ工業ではインターネットでご注文頂いた場合クサビ付きの使用になります。
※写真の木枠はA木枠になります。

フローティング木枠とA木枠の比較

フローティング木枠

A木枠

フローティングキャンバスの張り方

関連

topへ