三○二展 丹青は渝らず 青木ゼミ生による展覧会 11/6-11

場所 Art Space – MEISEI
   〒604-0991 京都市中京区寺町通竹屋町上ル行願寺門前町3
   tel:075-744-0122
日時 11月6日~11日 11:00-18:00(最終日のみ17:00まで)

近年、明治期以前の日本美術の表現を現代に活かし、
さらに素材・道具そのものから派生した物語の表現が注目を浴びています。
生まれ育った環境と京都という生み出される表現を、
過去と現在を俯瞰し解りやすく言語化することは、
日本美術の大きな課題として青木ゼミ生たちは受け止めています。
何よりも技法や材料、その使い方と作品のコンセプトを乖離して考えることは出来ません。
歴史的表現の裏付けを現代の科学で検証し、最先端素材の応用を提案する青木ゼミ生の表現に期待したい。
       京都造形芸術大学教授 京都技法材料研究会会長・青木芳昭


関連するページを見る» お知らせ