マルオカキャンバス木枠の特徴ー木枠の組方

マルオカキャンバス木枠は、枠の組み方にも特徴があります。

<親木>
木枠の四辺を親木といいます。
長方形の短い方を外に出す組手にしています。
これは慣性モーメントによるねじりをなるべく押さえ、平らな木枠にするためです。
木枠を台の上に置いても隅が浮いてカタカタいう事はありません。
K2706181

<中桟>
親木の剛性を保持するための内側の補助木を中桟といいます。
交差部に2mmの段差を設けています。これは段差をつけないと交差部に引っ掛かりが出来てしまい、作画時に影響が出てしまうからです。キャンバスを強く押して作画しても筆・ナイフ等が引っかかる事はありません。
K2706182

キャンバス木枠製品紹介
maruoka.co.jp/product_01/

お求めは(マルオカネットショップへ)
www.maruoka-shop.jp/SHOP/107179/111067/list.html

関連するページを見る» 技術紹介